ブログトップ

おかゆのきまぐれにっき

kimaokayu.exblog.jp

<   2007年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

大阪で買った物

先日大阪で買ってきたものたち・・・

e0099697_23254653.jpg
ブラウンのマルチミックスM880
前々から欲しくて欲しくて、だんなさんが「いいよ」と言ってくれたので、思い切って購入♪
パンこね用ニーダーもついているため、今後パンづくりの際に活躍しそうです。






e0099697_23334282.jpg



アルミのシフォンケーキ型♪
皆さんの意見も参考にさせていただきました。
値段もお手ごろだったため、17センチの物を購入。





e0099697_23354578.jpg


消しゴムはんこセット。
仕事でちょっと使ってみたかったので購入♪







e0099697_23373794.jpg
あと、消しゴムはんこの本も。表紙の子どもの顔に惹かれて購入♪
こまけいこさんの「晴れ ときどき はんこ」







e0099697_23423120.jpg

刺繍の本「はじめての刺しゅう ワンポイントステッチ500」







・・・と、いろいろ欲しかったものを調達してきました。
農場も始まり、忙しい時期になってきましたが、ちょっとずつ取り組んでいけたらいいなと思います♪
[PR]
by kimagureokayu | 2007-03-28 23:55 | 日々のくらし

壮行会

昨日、大学時代の友達夫婦の壮行会に、大阪の方へ行ってきました。

4月から、だんなさんだけ九州に単身赴任するという友達夫婦。
まだ、二人だけの生活を送っている夫婦なので、「さみしくなるやろけど、新しい生活がはじまるね~」と話してきました。
新しい土地に住むのは、不安もあるだろうけど、新しい人のつながりを作るチャンス。
また、素敵な友達の輪ができるといいな、と思います。

せっかく大阪までいったので、久しぶりに大阪をぶらぶら。
あんまり大阪に詳しくないので、知ってるところをぶらぶらしましたが、新しいお店(いままで知らなかっただけだと思いますが・・・)を見つけたりできました。
いろいろ仕入れてきたので、また後日ご紹介したいと思います♪

とりあえず年度末のため、なんだか仕事が忙しい~!!
今日、内部研修があったのですが、4月から入られる職員さんも来られてて、ここもまた、新たなスタートをきる人たちに出会えました。
春ですね~♪
[PR]
by kimagureokayu | 2007-03-27 22:59 | 日々のくらし

最後の出演♪

昨日は、太鼓の出演がありました。
この春、新たなスタートを切る、高校3年生の子たちとは、最後の出演です。
e0099697_0455396.jpg

ロックバンド(インディ-ズの人たちみたいでした)と競演の、チャリティコンサート。
プログラムの最初の出演。
今日は、巣立っていく、高校生たちが主役でした。

この子たちが里帰りした時には、元気に迎えてあげよう。
この子たちが、もし、ふるさとに戻ってきてくれるなら、また共に太鼓をたたけるよう、それまで、私たちが頑張って活動していよう。
・・・そんな風に思ったコンサートになりました。

普段、ロックは聴かない私ですが、やっぱり生演奏はいいですね。
気持ちが伝わってきます。
25,6歳の人たちでしたが、一生懸命、夢にむかっている姿がとてもまぶしかったです。
この春巣立っていく人たちへの応援&チャリティーのためのコンサートでしたが、私たちが元気をもらいました。
[PR]
by kimagureokayu | 2007-03-22 23:43 | 音楽のこと

今日もせっせと

今日は夕方から、太鼓の出演があるので、差し入れにしようかと、ケーキとパンを焼きました。
e0099697_0384834.jpg

ウィンナーロールパンとバナナカスタードケーキ。
どちらもだんなさんに大好評で、パンは10個作ったのですが、写真を撮る頃には5個に減ってました。
ケーキはなんとかセーフ。^^
太鼓に持っていこうかと思いましたが、あまりに好評だったので、だんなさんに食べてもらうように、家に置いておくことにしました。
太鼓から帰ってくると、パンは3個に、ケーキは半分に減っていました。

今日は初めて、ガスオーブンでパンを焼きました。
今、貸家に住んでるんですが、備え付けのガスオーブンがあって、前から使ってみたかったんです。
普段は魚を焼く(グリル機能もついてるんで)のにしか使っていなかったため、オーブンに火を入れると、最初は魚のにおいが・・・。
パンに魚のにおいがつくかと心配しましたが、大丈夫でした。
もう少し焼き色がつくようにしたかったんですが、火力がどれぐらいかわからず、こげてしまうよりかはいいかと、早く取り出してしまいました。
まだ火加減とかわからないので、研究していきたいと思います。
[PR]
by kimagureokayu | 2007-03-21 23:37 | パン・おかしづくり

祖父のこと

今、私の母方の祖父が入院しています。
今日、久しぶりに、お見舞いに行ってきました。

なぜ入院しているかというと・・・
ある日、納屋の上に釘を打とうとはしごに登り、金づちを打っていた際バランスを崩し、そのまま後ろむきに落ちてしまったそうで。
しばらく意識がなかったようですが、意識が戻ったときに、大きな声で助けを呼び、ちょうど前の家の方が気づいてくださり、救急車ではこばれたそうです。
首の骨は折りましたが、幸い命に関わるようなけがではなく、入院3日目には、看護師さんたちを困らせるほど、元気になっていました。

早くに祖母(祖父にとっては妻ですね)を亡くしてから、20年ほど、ずーっと一人暮らしをしていた祖父。
ものを作ることが好きで、夏休みに祖父の家に遊びに行くと、竹水鉄砲やらお、竹の下駄やら、必ずいろんなものを作って待っていてくれました。

その祖父が、4月には施設に入所します。
肺気腫で、在宅酸素の生活を送っており、そこに首の骨を折る怪我。
首の骨折は、本来なら、手術をすればいいようなのですが、酸素を使っているため手術できないそうで、これから一生、首にコルセットをまいて、生活しなければいけないとのこと。
年も年だし(87歳)、もう一人暮らしは無理だろうとの判断で、施設入所がきまりました。

在宅酸素だって、自分でチューブつなげて、自由に動きまわれるようにしていた祖父。
裏山の畑にいく時には、酸素はずしていくもんだから、訪問看護の看護師さんに、こっぴどく怒られていた祖父。
きっと、首にコルセット巻いてたって、元気に畑に行っていたであろう祖父。

たまたま、私たちの就農先が祖父の家の近くだったこともあり、最初の頃は、車を借りたり、何かと力になってくれていた祖父。
いつも私たちに「農業は大変やぞ」と喝を入れながら、でも、遊びに行くと、うれしそうに農業のことを教えてくれていました。

ずっとずっと、家で暮らしたかっただろうな。
畑で野菜作って、息子や娘、孫たちに「野菜できたでぇ、取りにこいよー」って言っていたかっただろうな。
気丈には振舞っていますが、どことなく寂しそうな表情の祖父。

新しく入る施設が、祖父の気持ちをわかってくれる場所であることを願いたいです。
[PR]
by kimagureokayu | 2007-03-20 23:37 | 日々のくらし

とうとう・・・

きました。おさそいが・・・。
「飲み会」ではなく、
婦人会(女性会ともいう)の隣保代表。。。

去年代表されてた方と、今年代表されてた方がじきじきにお来しになって、お願いされてしまいました。
まあ、区の代表ではないので、まだいいですが、何かと顔をだしたり、配り物をしたりしなければいけません。

まだ、もひとつ皆さんの顔と名前が一致していない私。
だって、みなさん、おんなじ苗字なんですもの。
ここに引っ越してきた年に、婦人会の新年会に参加させていただきましたが、みなさん
「○○です。よろしく。」「○○です~。覚えてね」
と、皆さん苗字で自己紹介されたんです。
みなさんほとんど、同じ苗字でした。
さすが、いなかです。
みなさん、ほとんど親戚です。

下の名前教えてください~!!!
と、事あるごとに訴えておりますが、なかなか覚えられません。
ここに来てもうすぐ丸3年。
婦人会燐保代表デビューで、少しでも覚えられるでしょうか??
[PR]
by kimagureokayu | 2007-03-16 22:13 | 日々のくらし

センス・オブ・ワンダー

e0099697_21333121.jpg


ある雑誌の中に「センス・オブ・ワンダー」という名の、オーガニックコットンの子ども服などを取り扱うお店の広告が出ていました。

「センス・オブ・ワンダー」
-自然の美しさや神秘に目を見はる感性-

この言葉(本)に出会ったのは、高校生の頃。
当時、音楽科に在籍していた私。
音大を目指すべく入った音楽科。でも、家庭の事情で、音大進学をあきらめなくてはなりませんでした。
高校の音楽科は、音大に進むための勉強を中心に行っていたため、いざ、音大以外の道を考えようと思っても、なかなか私の中で、何がしたいのか、どこへ進めばいいのかわからなくなってしまいました。
そんな時に出会った本。

作者は、「沈黙の春」という本で、世界に初めて環境汚染と破壊の実態を告発した、海洋生物学者レイチェル・カーソン。
この本は、姪の息子ロジャーと海辺や森の中を散策した経験から書かれた本。
昔から、子どもが好きで、幼い頃は幼稚園の先生になりたかった私。
この本に出会って、子どもたちと、自然の美しさや神秘を感じていきたい、そんな新しい夢を描くことができました。

その後、いろいろな経験を積む中で、「センス・オブ・ワンダー」という言葉は、自然だけでなく、人と関わる上でも大切な言葉だと気づきました。
いろんな個性の人がいる中で、その人の個性を大切に思う気持ち、感性。
今、人と関わる仕事、自然と関わる暮らしをする中で、いつもこの言葉を自分に問いかけています。

本の中で紹介されている写真も、とても素敵で、気持ちが疲れたときに、パラパラとめくってみたりしています。
ライフログにものっけてみました。
新しい表紙になってるんですね。
興味のある方は、ぜひ一度読んでみてください。
[PR]
by kimagureokayu | 2007-03-15 21:37 | 日々のくらし

息抜きに・・・

今日は天気もよかったので、車を1時間半ほど走らせて、お気に入りのレストランまで、ご飯を食べに行きました。e0099697_17185027.jpg
e0099697_17212158.jpg

「reception garden」というお店。
小高い山の上にあります。
海も見えますよ~。





e0099697_17261363.jpg

だんなさんはフランスの家庭料理。(名前忘れました・・・)
ベーコンと骨付き肉、サツマイモ、白いんげんがじっくり煮込んでありました。
こってりしてるのかと思いましたが、あっさり。




私は、カキのハーブリゾット。カキもたっぷり入っていて、ハーブの香りが良くて、絶品でした。
e0099697_17293287.jpge0099697_1730058.jpg









ここのお店、比較的近いので、よく息抜きに来ます。
お店の人も顔を覚えてくださってるほど。
レストランの横には、おしゃれなキッチンツールや服を売っているお店や、下のほうには、ハーブ苗を売っているお店などあります。
とっても幸せな気分になれる場所。もう常連さんです。^^

今日は春の陽気で、もう冬も終わりだなあ、と感じる一日でした。
だんなさんの冬の仕事も、もう少しで終わり。3月末からはいよいよ、営農期がはじまります。
忙しくなる前の、ちょっとした息抜き。
新鮮な春の海風をあびて、また頑張るぞ~と思った一日でした。
[PR]
by kimagureokayu | 2007-03-14 17:46 | 日々のくらし

悩んでます・・・

何を悩んでいるかというと、
シフォンケーキの型の購入について。

ケーキをよく焼くようになって(ロールケーキ中心ですが)、シフォンケーキをいつか焼いてみたいと思うようになりました。
しかし、いろんなタイプの型があって、どんな素材のものが使い勝手がいいのか、大きさはどれぐらいのものが手ごろなのか、いろいろ探しだすと決められなくなってしまいました。
大きさは、我が家のオーブンレンジでは、18センチぐらいの型が妥当だろう、と思ってるのですが、後は型の素材。
テフロンやらアルミやらあって、私には決められません・・・。
いろんなお店のプレビューも見るのですが、ますます悩むばかり・・・。

気に入ったものは、とことん使って長持ちさせる私。
我が家のシフォンケーキ型として、お嫁入りしてくるのは、さて、どんな型になるでしょう。

シフォンケーキ焼いたことある方!!
優柔不断な私に、なにかアドバイスをください!!
[PR]
by kimagureokayu | 2007-03-13 20:06 | パン・おかしづくり

やっと降りました。

雪がやっと降りました。
年末にちょっと降って、年明けにもちょっと降って、節分の時期にもちょと降って・・・
それから、全く降っていなかった雪。
昨日ぐらいから、やっと積もるぐらいになりました。
でも、春の雪なので、湿っている「ぼた雪」。
土の上には少し積もりますが、道路まではあまり積もりません。

農業するには、この雪がとても大事なんです。
今、うちの産地は閉農期(野菜をつくらない期間)で、土を休ませている状態。
雪がたっぷり降って、土を潤すことで、土も浄化され、春から元気に野菜が育ってくれるんです。

それでも今年の冬は暖かくて、春からは、虫の大量発生が心配です。
あーもうちょっと早く、寒くなってくれればよかったのになあ・・・。
[PR]
by kimagureokayu | 2007-03-12 22:29 | 農業のこと